ミノキシジルの気になる副作用について

ミノキシジルの副作用についてご紹介

脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みである。ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる非作用成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られる。多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性がある。日焼けした頭皮に使用する場合に見られがちであるが、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こりえることが知られている。また塗布部分の皮膚下で成分が拡散し、塗布部分以外の毛細血管まで活発にしてしまうことから赤ら顔等の症状が出ることもある。

ミノキシジルの使用中は脱毛を止められるが、服用をやめると再び起こり始める。

あまり一般的ではないが、他の副作用には以下のようなものがある。

* 薬液の使用箇所におけるニキビの発生
* 頭痛、意識朦朧
* 多毛症
* 性的不能
* 重い低血圧
* 不整脈、動悸
* 皮膚の紅潮



* 霞み目
* 手、足、顔のしびれや痛み
* 性欲減退
* 胸の痛み
* 急速な体重増加
* 下肢、手、足、顔のむくみ


ニキビを除き、上記の症状は薬剤の使いすぎの目安になるとされるが、そうでなくても発症する可能性は有るので発症した場合は即ちに医師の診断を受ける事が強く薦められる。

母乳を介して乳児に摂取される可能性があることが分かっている。




ミノキシジルの副作用でよく知られているのは、「頭皮のかゆみ」です。ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる成分で、アレルギー反応がしばしば見られるためです。このミノキシジルの副作用は気をつけなければなりません。

大量のミノキシジルを服用すると低血圧の原因となるとの報告もされているそうです。また、当然のことですが、頭皮のかゆみがみられるわけで、ワセリンやトレチノインとの併用は過剰吸収につながる可能性があるため、気をつけなければなりません。

ミノキシジルで脱毛やはげをコントロールできても、別の副作用で苦しんではまったく意味がありません。ミノキシジルやロゲインを使用する際には気をつけましょう!

トップ > ミノキシジルの副作用 > ミノキシジルの気になる副作用について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。