ミノキシジル(ロゲイン)は脱毛症の治療薬です。

ミノキシジルについての情報を紹介

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張剤の1つであり、最初は高血圧の経口薬としてのみ用いられていた。しかし後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代にアップジョン社(現在のファイザー)がはげや脱毛症の治療用として2%のミノキシジル外用溶液(商標名:ロゲイン®)を販売し始めた。なぜ髪の成長が促進されるのかは分かっていない。

日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品が未発売であり、医療用成分の実績が無いままいきなり一般用医薬品(大衆薬)として承認されたダイレクトOTC第1号製品として、大正製薬が1999年からミノキシジル成分1%のリアップとして発売開始された。なお、リアップ発売前から現在までリアップよりも主成分が濃厚で廉価である理由でロゲインの個人輸入が後を絶たない点が問題とされている。

同時期に国内で承認・上市した(医療用医薬品)バイアグラと共に生活改善薬としてヒットし、当初は品薄状態が続いた。

2004年には女性用のリアップレディも発売されている。




ということで、ミノキシジルはもともと血管拡張剤だったんです。それが、髪の育成を促進させることが発見されたことで、はげや脱毛症の治療薬として新しく開発されました。そえrが、治療用として2%のミノキシジル外溶液なんです。商標名はロゲインといいます。

ただし、現在でもはげや脱毛症になぜ効能があるのか、そのメカニズムははっきり解明されていません。そうした背景もあってか、日本国内ではミノキシジル成分の医療用医薬品は未発売なんです。

それで、一般用医薬品(大衆薬)として承認されました。医療用医薬品の成分を抑えて大衆薬や化粧品などに役立てられるケースは今までにたくさんあったのですが、このミノキシジルはダイレクトにOTCとして認められたクスリとして広く知られています。

大正製薬が1999年、ミノキシジル1%配合のリアップを発売してヒット! ミノキシジルはこうしたところで男性のはげや脱毛に役立てられています。

トップ > ミノキシジルとは > ミノキシジル(ロゲイン)は脱毛症の治療薬です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。